皆さん!毎日愛犬とのお散歩頑張っていますかぁ~
どんどん暑くなってくる季節、人間も犬も熱中症には十分気を付けましょう

ところで、柴犬って毎日の長い散歩や豊富な運動量が必要だとよく耳にしませんか?
もともとは猟犬の柴犬。きっと山の中を駆け回っている位が適している犬種なのでしょう
それでは実際、飼い犬になっている柴犬は毎日どれ位の距離を散歩するべきなのか、
また、散歩以外にはどんな運動が適しているのかお勉強してみましょう
IMG_20170505_110315
①柴犬に必要な散歩の距離は?
毎日必要な散歩の距離、それは性別や年齢体重で変わってくるようです。
この記事ではあくまで元気な成犬とう結構あいまいな設定でいってみたいと思います(笑)

柴犬は毎日の散歩で、体重と同じ数字のkm数が必要だということが分かりました
ちゃろで例えると、体重7.5kgですので1日に7~8kmの散歩が必要ということです
実はこれは我が家では毎日意識していることなのです。

ただこの数字、以外と毎日クリアするのは難しいです・・・。
1日に2~3回散歩に行けるのならさほど難しくない距離ですが、
人間の都合によっては1日に1回しか行けない日だってありますよね?
1回に7km以上歩くのって結構つらくないですか?
ですので、犬の気晴らしの意味も込めて分割で外で連れ出せる環境がベストだと考えています
例えば午前中に4km、夕方に3kmという感じですね

この理論でいくと、体重が重い柴犬ほど散歩の距離が長くなるということになります。
10kgの柴犬は毎日10kmという、これまたなかなかにインポッシブルな数字となります
でもこれはもともと骨格がガッシリとして大柄な子が健康的に成長した場合と考えるべきで、
体格以上に太ってしまった子には負担が大きいかもしれませんね
ちゃろが今の体格のまま10kgになったら、それは飼い主の責任で肥満になったわけであって、
じゃあこれからは10km散歩が必要だね!!とはならないわけです
まずは運動・食事の見直し、体格に見合った適正体重までのダイエットが最優先となります。
この辺の見極めが難しいように私は感じています。
IMG_20170423_164520
②性別で散歩・運動量はどれ位変わる?
ちゃろを迎え入れる前の話しですが、あるブリーダーさんに見学に行きました。
初めから雌希望だったのですが、「雄の方が遊ぶにはいいですよ~♪」と話されていました。
ブリーダーさん曰く、「雄は雌の3倍は体力がある」とのこと・・・(汗)

だからと言って、単純に散歩の距離を3倍にしましょうなんてバカげた話しをしたいのではありません。
雌以上に雄の場合は散歩・運動に工夫が必要なのかもしれないという話しなのです

ちゃろの散歩で私が実践していることは、途中で何本か短距離ダッシュを入れることです
もちろんのんびり歩く散歩も大切ですが、運動をさせるという観点から少し激しいことも必要だと思います。
特に雄の柴犬は無尽蔵の体力でしょうから、多少のことではバテないと思います。
というか、確実に人間が先にバテてしまうことでしょう(笑)
IMG_20170507_123037
手軽に運動させてる意味でオススメは、ドッグランロングリードを使った運動だと思います
広い原っぱを全力で駆け抜ける柴犬の姿、本当に素晴らしいですよ
言ってしまえば柴犬に限らず、犬本来の姿を見せてくれるわけです
そしてやはり雄の体力は凄まじい 大型犬とも互角に渡り合える体力を雄の柴犬は持っています
公園でのボール遊びやフリスビー遊びなど、
普段の散歩に少しメリハリをつけてあげるだけでも違ってくると私は考えています。

ここで一つ、私個人としてはオススメしない運動があります。
それは自転車に乗った散歩です(している方いたらすみません)。
理由は簡単、危険だからです
飼い主、愛犬、そして他人様にとってとても危険な行為だと私は思います

~まとめ~
愛犬との散歩って本当に楽しくて幸せが時間です
愛犬の為に散歩をするという意識は当然ですが、気付いたら飼い主の健康にも繋がりますよね
私の場合、近所の住宅街を歩くなんて習慣はゼロでしたし公園に遊びに行くこともありませんでした。
それが今や、目新しいコースが見つからないくらい近所を散歩しています
この記事では数字的なお話しをさせていただきましたが、愛犬の散歩は義務的になったら楽しくありません。
愛犬も飼い主の楽しい時間が自然と作れるようになってくれば、
それがまさに適正な散歩・運動となってくるのではないでしょうか
IMG_20170506_162006