犬のワクチン接種を皆さんはどうお考えでしょうか?
そもそもしっかり接種しているでしょうか?
ということで、今回は犬のワクチン接種や狂犬病予防接種について勉強したいと思います
85yjimage


①混合ワクチン接種
混合ワクチン接種には3~11種類までのワクチンが存在するようです。
何種ワクチンにするのかは、その地域で感染が考えられる種類で獣医さんが決定します。
中にはとても怖い病気もあるので獣医さんの決定にしたがっていて損はないかと思います。
各病気についてはネットにも詳しく出ていますので調べてみてください

先月ちゃろはかかりつけの病院で混合ワクチンの接種をしました。
1489665225637
ちょっと不安そうに待合室で過ごすちゃろです

ちゃろは今回8種で打ちました。というか、打たれてから8種だったと気づいたのが本当ですが。
子犬時期は5種を3回打っていましたので8種は初めてでした。
犬のワクチン接種については賛否あるようで、メリット・デメリット両方あるのは確かだと思います。
8種ともなると正直多いのでは?とも感じましたが、とりあえず副作用もなく過ごすことができています
皆さんの地域では何種を推奨しているのでしょうか?


②狂犬病予防接種
毎年4月になるとハガキでお知らせがくる狂犬病予防接種。
日本では狂犬病予防法に基づいて、毎年一回の接種が飼い主に義務付けられています。
狂犬病はご存知の通り、致死率ほぼ100%というとても怖い感染症です。
国内では60年以上感染は確認されていないようですが、海外旅行帰りの方が発症した事例はあるとのこと。

日本では過去の感染症と思われる位、身近ではなくなった感がある狂犬病ですが、
それ故、予防接種率は年々下がりつつあるようです。
確かに海外に比べ今の日本にはその辺をうろつく野良犬なんてほぼ見かけませんし、愛犬の室内飼いも多いですよね。
完全に危機管理に対する甘さが露見している現状のような気がしています。
海外から入ってきて蔓延することだって十分考えられますからね
ちゃろは今週狂犬病の注射に行ってくる予定です
無題

③毎年一回の接種に対する賛否
混合ワクチンも狂犬病も今の日本では毎年一回の接種を推奨しているようです。
狂犬病に関しては上記の通り狂犬病予防法で義務付けられています。

そんな中、毎年一回の接種に反対の声も多いようです。
例えば、三年に一回で良いという意見もありますし、ペット先進国でそうしている国もあるようです。
デメリットで真っ先に浮かぶのはやはりワクチンによるショック症状ではないでしょうか?
我々人間もインフルエンザの予防接種後に具合が悪くなったという話しは良く聞きますよね
要は、一年に一回のペースで犬の体に何種もの病原体を入れて大丈夫なのかということです。

狂犬病に関しても同じ考えで毎年一回反対派は多いようです。
ちゃろが初めての狂犬病予防接種が終わった帰り、途中の公園を散歩していたら、
一人のおばあさんが話しかけてくれました。その方は昔、狂犬病予防接種した翌日に愛犬の容態が急変し亡くなるという経験をされたそうです。
実際にそんなことがあるんだな、やっぱり怖いものだなと考えさせられました。

④私の考え
ワクチン接種はメリット・デメリットが当然存在します。
結局は飼い主の意思・行動によってその子の状態は決定されます。
ちゃろは今後もきっと年に一回の接種はしていくと思います。
我が家はこれからの季節、ちゃろと一緒にキャンプ場に行ったりペット同伴可のホテルに行ったりすることが多くなります。
そうなると、ワクチンの接種証明書が必要になるのです。中には混合ワクチン7種以上なんていう場所も確認しています。
我々が生活する場、それは日本という国です。
ペット事情で考えると日本はペット後進国という事実をつきつけられます。
ワクチン接種の頻度なども時間はかかれど制度が変わっていくことも期待されます。
愛犬と出会った以上は愛犬の幸せを考えるのが飼い主の義務です
病気のリスクを抑えられるのなら私は今までのようにワクチンを接種させるつもりですし、たくさんの思い出を一緒に作っていくために、やれと言われるものはやるしかないのです。
皆さんも考えてみてください!そして意見をいただければ嬉しいですm(__)m