3代目柴犬ちゃろは我が家の福姫です

2015.11にやってきた柴犬の女の子。 臆病者だけど好奇心旺盛なお転婆娘、伊達の福姫こと【ちゃろ】と、そのお転婆娘をこよなく愛する家族とのほのぼの日記。 フード・おもちゃのレビューや、しつけの話し・犬関連のニュースなども取り上げていきます。

2018年02月

知育おもちゃ『コングクエスト』購入!

皆さんは愛犬にどんなおもちゃを与えていますか?
ちゃろにはお気に入りのおもちゃが何種類かあるのですが、
我が家では子犬の頃から知育系のおもちゃでも遊ばせるようにしてきました

犬の知育に"コング"

知育おもちゃで一番メジャーなのはやっぱり『コング』でしょうか?
よくショップで見かける怪しげな形もおもちゃです(笑)
ちゃろには子犬の時期にパピーコングを与えた事がありました。
コングを使うメリットはたくさんあったと思っています
興味がある方はぜひ過去記事をごらんくださいm(__)m
DSC_1335
DSCPDC_0000_BURST20180218095737146
今日は朝から天気が良く、ちゃろもポカポカ日向ぼっこです。
なんとも眩しそうな表情をしています
子供たちと一緒に散歩も済ませ、お父さんの買い物ついでに
ペットショップに立ち寄ってみました!
DSC_1337
そこで購入したのがこちら、『コングクエスト ウィッシュボーン』です
実はパピー用コングは大分前にボロボロになったので捨ててしまいました。
おやつを与えるにしても使い勝手の良い知育おもちゃがなかったのです
DSCPDC_0001_BURST20180218122428148_COVER
またもや怪しげな形のおもちゃですが、
自分の物だと思って興味津々のちゃろです
DSC_1339
DSC_1340
今回はこの牛干し肉のジャーキーを使ってみます
DSC_1341
こんな感じです。ゴムは結構柔らかいので詰めやすいと感じました。
DSC_1342
大好きなおやつが詰まってますます興味津々な様子ですね
それではいよいよ与えてみます。上手くおやつが食べられるかな??
DSC_1344
DSC_1346
上から舐めるだけでは中のおやつは食べれません。
歯でガリガリやったり、前足で抑えながらやらないと取れないでしょう。
頑張れ頑張れ
DSC_1349
DSC_1347
だんだん要領を掴んできたようです
この後ほっといたのですが、10分後くらいには全部食べきっていました
とりあえずは使えそうなので、今後お留守番の時や暇していそうな時に使ってみます
犬の歯は凄いので、問題は耐久性ですが・・・。
まぁ壊れたらその時でまた違うおもちゃを探すことにしますかね~(^_^;)






愛犬を染める!?こんなショップがあった

以前、世界から非難を浴びているこんなニュースをブログで取り上げました。

批判は当然!?犬の整形手術について

いただいたコメントでも「許せません!」との声が実際ありましたし
これは単なる飼い主の自己満足であり動物虐待では?というのが私の見解です。

先日のことです。
野暮用で立ち寄ったあるお店の向かいに、初めて存在に気付いたペットショップがありました
87yjimage
もちろん住所やショップ名は伏せますが(笑)
何気に「へぇ~、こんな所にペットショップあったんだなぁ」なんて眺めていたのですが。
・子犬や子猫の販売しています
・交配も承りますので何でもご相談ください
・フードの販売もしています
まぁここまでは良しとしましょう
ビックリしたのはそれらの文字よりもデカデカと看板で宣伝しているこれでした。
『愛犬を染めませんか?ピンク・緑・オレンジ・・・・・』

は!? これって何ですか????
愛犬の毛を染めるって意味でOK?
一体なんの為に???
yjimageSSWRASNV
ちゃろを例に考えてみましょう
金色とも言える艶々ピカピカの毛をピンクに染めるってことですよ
DSC_1197
私もそうですが、飼い主さんって被毛の健康に気を付けますよね?
その為、ブラッシングしたりシャンプーしたりフードを選んだりするのです。
私なんかちゃろが痒がってないか、毛がボサボサになっていないかと
常に気にかけます。柴犬はアトピーが多いとも言われますし。

人間でもそうですがカラーって毛を傷める行為でもあります
それをある程度覚悟で、人間はオシャレの為にカラーをしていると思います。
それを愛犬にするってどうなんでしょう?
生まれ持ったその犬種独特の美しい毛を染める行為を私は敢えて批判します
絶対に必要のない行為だと考えます
冒頭で紹介した整形記事に匹敵するレベルじゃないでしょうか。

「あら~ピンクに染まって綺麗なプードルちゃんね~」
「そちらも綺麗なグリーンですね~」
こんな会話が成立する場面があったとしたら、、、
ヘドが出るぜ・・・。




こんなちゃろを見ていると・・・。

毎日忙しい人間の傍ら、
の~んびり過ごす愛犬の姿は羨ましく感じることってありませんか?
特に冬の寒い日は、布団から出たくない!ストーブから離れたくないよ!!
こんな感情の連発だと思います
DSC_1320
人間をダメにする犬。
冬毛の柴犬はモフモフがとてつもなく気持ちよいです
どんなに高級で手の込んだぬいぐるみより、やっぱり生きた柴犬です
DSC_1322
ちゃろに触れたままただただ寝ていたい。
うっとり横たわるちゃろにはそう思わせる魔力があるらしいです
DSC_1321
犬が安心して眠る姿に家族も癒されます
DSC_1323
3連休も終わり、明日からまた仕事や学校がやってきます。
皆さん愛犬の魔力から脱出し、また明日からの日常を乗り切りましょうね




ちゃろの生活を激写!

愛犬と生活をしていて感じることと言えば、
何気ない瞬間の一つひとつがとてつもなく可愛いということ
そこで、ここ最近何気に撮った写真を紹介します
DSC_1289
机の下のスペースでくつろぐ姿。
たまに「あれ?ちゃろどこ?」となった場合、ここにいる率高めです(笑)
DSC_1307
化粧台の椅子に乗るのは大好きなようです
もともと椅子なら何でも乗っちゃうちゃろですが、
この椅子に乗れば、後ろに写っている窓から外を眺めることもできますし、
何より家族がみんなここで髪セットしたり化粧したりするので
自分のその気になっているんでしょうね
DSC_1279
とりあえず何でも乗ります。いっちょ前の顔してるのがウケます
DSCPDC_0002_BURST20180210090946021_COVER
右足の下にはお母さんのiPhoneがあります。
かじったりするわけではなく、画面に足を乗せて満足なようです
確かに人間はこうやって寝っ転がって携帯いじってるもんね~
犬の知能は人間でいう2~3歳とは言いますが、
本当にその位の子供と同じような行動するのがスゴイですよね
DSC_1260
DSC_1262
どう?オシャレでしょ??
スヌード着用のお嬢様でございます
暖かかったのか嫌がることもなく最後にはゴロンと横になりました。
DSC_1303
DSC_1304
これは今日の朝食の様子です。
実はちゃろ一番のお気に入りの、イベリコ豚ドッグフードが切れました。
今日からニュートロのフィッシュに切り替えたのですが、
そのせいかご飯を目の前にしてこのテンションですよ
まぁこの後しっかり食べてはいましたけどね~(笑)
DSC_1294
正面に写っているのがちゃろのサークルです。
普段ハウスさせることはほとんどありませんが、
寝る時はこの中にハウスして、右のケージに入って眠ります。
この写真、なぜこんな中途半端な位置にいると思います???
実は、「あの~水が空っぽなんですけど~。誰か気づいてくれません?」のポーズなんです
第一段階は器の前にお座りして待つ、第二段階は前足で器を台から落とす、
これはしびれを切らした第三段階といったところでしょうか
DSC_1244
そしてこれが最終段階ですかね(^_^;)
もうこっちを向いてすらいません。
水はもちろんちゃろが教えてくれる前に家族が気付くのですが、
たまにこういったことも発生しちゃいます。
普段と違う行動をして何とか誰かに気付いてもらおうとするのでしょう
犬ってなんて賢くて愛おしい存在なのでしょうか







ペットショップで思ったこと・・・

昨日用事でホームセンターに行ったのですが
その中にあるペットショップに立ち寄った時のことです。
petshop
そこにはいつも通り子犬たちがショーケースで販売されています。
我が家は柴犬飼いなので、自然と柴ちゃんに目がいってしまいます
昨日も雌の柴犬が1頭販売されていました。
ぐっすり眠っていてそれはそれは可愛いですよ
子犬イラスト-300x300
ショーケースにはこのような貼り紙がされていました。
『当店の子犬はブリーダー生まれなので安心です!!』
なるほど、ペットショップ批判が多くなっている今日、
ペットショップさんたちも必死に子犬を売ろうとしているのが分かります

ワクチン接種も2回済んでいるらしく、きちんと日にちが表記されています。
しか~し!!!!!!
なんと健康診断で『左鼠径部ヘルニア中程度』とあるではないですか
yjimage9E14JLL2
まぁ正直と言えばそれまでで、事実を隠して販売する輩もいるのではないでしょうか?
私はこれを見て真っ先に考えてことは、
「この事実を知って、敢えてこの子を迎え入れる人はいるのかな」
「この子は無事にどこかの家庭で幸せに暮らせるのかな」
と言うことでした。

鼠径部のヘルニアは先天的・後天的の両方があるらしいです。
子犬期だけで成長と共になくなる場合もあるとのことですが、
悪化した場合は当然に手術・入院が必要になります
つまり、そういうリスクを負った状態で子犬を飼うことになるのです。

べつに今回の記事でペットショップ批判をしたいわけでもないし
こんな犬を購入してはいけない!!と言いたいわけでもないです。
が・・・、な~んか悲しいというか考えさせられますよね
皆さんはどう思いますか??




プロフィール
柴犬の女の子☆壮瞥からはるばるやって来たちゃろ❤️臆病だけど好奇心旺盛なお転婆娘です。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター
BIRTHDAY
ギャラリー
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
リンクリックブログランキング
  • ライブドアブログ