愛犬に毎日与えるドッグフードについては様々な情報を調べることができます。
さすがはネット社会と言うべきか、本当に良い時代になりました
ただ情報が多すぎて、その中から自分で取捨選択しなくてはならないのも事実です。
59yjimage
私もちゃろに与えるフードに関してはあれこれ考えているのですが、
「このフードだけで良いや!!」というのは正直ありません。
栄養的な細かい知識も持ち合わせていませんが、
とりあえず、フードから発生するアレルギーだけは避けたいという思いはあります

今回は、ネットの情報は置いておいて、
私のフード選びの基準についてお話しさせていただきますm(__)m
参考になるかは分かりませんが、どうぞお付き合いくださいませ
96yjimage

①動物性たんぱく質が第1主原料である
これは結構大事なことらしいです。結局犬は肉食の動物なので、
肉なり魚なりがたっぷり入っているフードが
犬の身体にも合うでしょうし食いつきも違ってきます。

どんなフードでも一応、肉や魚の表記はありますが
穀類などでかさまししているフードもかなり多いので
第1主原料となっているのもをしっかり選ぶようにしています
穀類がはいっていない『グレインフリー』のフードも存在していますが
質が良いだけにお値段も結構なものになってきます

②怪しい原料が使われていない
これに関してはこだわると底がないのである程度は許容します。
ただ一つ、『動物性油脂』というものだけは避けるようにしています
これはかなりおぞましいものらしく、愛犬の体内に入れることが躊躇われるます
本来からだに入れる必要のない添加物などもなるべくない方が良いのでしょう。
犬の寿命は人間の何倍も短いです。
つまり、身体に対するダメージも人間の何倍もあるのかも?と考えちゃいます。
89yjimage
③価格がお手頃
実はこれが一番重要だったりしませんか??
愛犬に良いものを食べさせたいのは当然のことですが、
人間以上に食費がかかってしまっては困ってしまいますよね~
我が家では1kgで2000円のフードでも考えてしまいますし、
高ければ良いという世界でもないように感じています。
フードは1袋だけそれを与えても意味はないと思います。
継続するからこそ、愛犬の身体の状態に変化が出てくるはずです
頑張って1袋だけ高級フードを買っても続けなくては意味がないのです

④国産フードは基本選ばない
もしかしたら意外に感じる方がいるかもしれませんね
これはどういうことなのか? 理由はめちゃくちゃ簡単です
「日本はペットに関しては後進国である」これに尽きます。
パッケージに堂々と国産表記があったり、
原料に関しても国産を売り文句にしているフードは溢れています。
「国産?だから何??」というのが私の意見です(笑)
国産だから穀類いっぱいでもアレルギーが出ないのか?
国産だから添加物たっぷりでも身体に心配はないのか?
そういうことなのです。
中には原料にこだわった国産フードもあるようですが、
値段はかなり高く、それなら世界的に評価されているフードを買うべきだと思います
24yjimage
いかがでしたでしょうか?
さらっと書きましたが、実はもうちょっと突っ込んだところまで書くことはありました。
ただこれは私個人の意見であって、それぞれの愛犬の体質のよって変わってきます。
次回はこの基本的な基準に照らし合わせて、
ちゃろという個体に対してのフードの選び方をご紹介したいと思います