3代目柴犬ちゃろは我が家の福姫です

2015.11にやってきた柴犬の女の子。 臆病者だけど好奇心旺盛なお転婆娘、伊達の福姫こと【ちゃろ】と、そのお転婆娘をこよなく愛する家族とのほのぼの日記。 フード・おもちゃのレビューや、しつけの話し・犬関連のニュースなども取り上げていきます。

ちゃろ

トイレのしつけを振り返る

今年は戌年だからなのでしょうか、
携帯のヤフーニュースに犬記事が毎日入ってきます
今一番旬な犬話題と言えば、ザギトワちゃんの『マサル』ですかね
そんな中、犬の習性やしつけの記事もよく読みます。
691yjimage
子犬を迎え入れて、まずはしつけを意識することでしょう。
その中で今回はトイレを取り上げてみたいと思います。
とは言っても、専門家でもないので「こうやってやりましょう!!」的なことではなく
ちゃろに対してどのように接してきたかを振り返ってみたいと思います
結論から言っちゃえば、ちゃろは『自分で場所を教えてくれた』ことになります。
まぁそこに辿り着くまではそれなりの苦労はあったのですが
そこまでの経緯で、少しでも参考になることがあれば嬉しいのです
20180329_181033
初期の頃はサークル内にびっしりシーツを敷いていました。
最初のうちは居間に出さずサークル内だけで生活させていたので、
とりあえずはどこでもいいからトイレをしてくれという感じでした
20180326_192210
次の段階として、シーツだけではなくトイレを設置します。
写真ではベッド代わりにしていますが、都合良くトイレにしてくれるはずもありません
たまたまでも良いので、トイレ上にした時はめちゃくちゃ褒めてあげました
犬は臭いでトイレ位置を把握するというのは当然でしょうが、
一説には足で地面の素材を判断するとも言われているようです。
つまり、シーツの感触を覚えてくれるだろうか?なんて手探りしてましたね~
20180326_192027
少しずつシーツの面積は減らしていくのですが、
シーツ外にしてしまっても怒るのは問題外だと思っています
犬はとにかく褒めて褒めて、褒めちぎって育ててあげるべきなんです
20180329_181304
ある程度の期間は家族も我慢してサークル内の生活をさせました。
でも好奇心旺盛な子犬です。広いフィールドを夢みます
居間に出した時は常に興奮MAXで、無尽蔵に暴れまくっていました
この時期、トイレはサークル内に置いたままにしておいたのですが、
トイレの時間をこちらで判断してあげて、済むまでサークルに入れていました。
おしっこが出たらやっぱり褒めちぎってまた居間に出すのです
しばらくすると、気まぐれでサークルに自分から入ってトイレをするようなりました
でもやっぱりシーツのない所ですることも多かったですが、
失敗した時は大げさに声をかけず黙々と片づけるのがベストだと思います
87yjimage

廊下で大きい方を何回もしちゃうことあったし(笑)
定着したか?と思いきや、失敗の連続に戻ることもありました

ただ、ある時から急にですがサークル内のトイレに一切しなくなったのです。
サークルの対角に位置するシーツも何もないカーペットの上でするようになりました。
これがちゃろが『自分で教えてくれた』ということなのです。
飼い主としては簡単ですよね?その位置にトイレを設置するだけです
考えてみれば犬の本能として寝床と同じ場所に排泄はしたくないはず。
成長とともにちゃろにもその本能が芽生え、
対角にある位置を自ら選んだということなのでしょう
415yjimage

余談ですが、ちゃろは地面の素材を判断するということも体現してくれました。
おしっこで汚れたシーツをお父さんが交換しようとして新しいシーツを広げて横に置いておいたら
そのシーツの上にちゃんとおしっこをしていました
位置だけではなく、何の上にするのかも認識しているということが分かったのです

どうでしたか?
ちゃろのここまでの経緯が全部の犬に当てはまるとは思いませんが、
トイレのしつけでお悩みの方に少しでも参考になるなら嬉しいです


この冬1番の陽気&グチャグチャ道

先週の木曜・金曜と大荒れになった札幌。
信じられないくらい雪は降るし風は強いしで・・・
そこから一転、土曜・日曜は暖かい穏やかな週末となりました
DSC_1388
今日はこの冬1番のポカポカ陽気というとこ。
確かに8℃くらいでとても気持ち良かったのですが、
道路はご覧の通り、どこもかしこもグッチャグチャでございます
DSC_1385
DSC_1386
こういう日、人間は靴のこともあるので歩く道を慎重に選びますが、
犬は素足でどこでも突き進んでいくのである意味羨ましく思ったり
DSC_1387
DSC_1389
夏場だったら絶対に避ける水たまりですが、
そんなことしていたら今日は歩けないことをちゃろも知っています。
犬なりの諦めの境地とでも言うべきでしょうか(笑)

でも途中で良いこともありましたよ
ちゃろのお友達、オス柴の『こめちゃん』と会えたんです
ご自宅の庭に繋がれていたので軽く挨拶できました。
最近は昨年勃発したキツネ騒動もさすがに落ち着いたので
公園で夕方遊んでいるとのことでした。また仲間に入れてもらおう

メディアでも報じられたキツネ問題

DSC_1391
実は昨日は家族で温泉に行っていたので、
ちゃろはお父さん・お母さんと1日離れ離れでした
昼過ぎに帰ってから人間が一休みしたので、
夕方の散歩になってしまいましたが、ちゃろとの散歩はやっぱり癒されます
温泉に浸かるよりも、ちゃろが最高の癒し効果があると再認識したのでした





知育おもちゃ『コングクエスト』購入!

皆さんは愛犬にどんなおもちゃを与えていますか?
ちゃろにはお気に入りのおもちゃが何種類かあるのですが、
我が家では子犬の頃から知育系のおもちゃでも遊ばせるようにしてきました

犬の知育に"コング"

知育おもちゃで一番メジャーなのはやっぱり『コング』でしょうか?
よくショップで見かける怪しげな形もおもちゃです(笑)
ちゃろには子犬の時期にパピーコングを与えた事がありました。
コングを使うメリットはたくさんあったと思っています
興味がある方はぜひ過去記事をごらんくださいm(__)m
DSC_1335
DSCPDC_0000_BURST20180218095737146
今日は朝から天気が良く、ちゃろもポカポカ日向ぼっこです。
なんとも眩しそうな表情をしています
子供たちと一緒に散歩も済ませ、お父さんの買い物ついでに
ペットショップに立ち寄ってみました!
DSC_1337
そこで購入したのがこちら、『コングクエスト ウィッシュボーン』です
実はパピー用コングは大分前にボロボロになったので捨ててしまいました。
おやつを与えるにしても使い勝手の良い知育おもちゃがなかったのです
DSCPDC_0001_BURST20180218122428148_COVER
またもや怪しげな形のおもちゃですが、
自分の物だと思って興味津々のちゃろです
DSC_1339
DSC_1340
今回はこの牛干し肉のジャーキーを使ってみます
DSC_1341
こんな感じです。ゴムは結構柔らかいので詰めやすいと感じました。
DSC_1342
大好きなおやつが詰まってますます興味津々な様子ですね
それではいよいよ与えてみます。上手くおやつが食べられるかな??
DSC_1344
DSC_1346
上から舐めるだけでは中のおやつは食べれません。
歯でガリガリやったり、前足で抑えながらやらないと取れないでしょう。
頑張れ頑張れ
DSC_1349
DSC_1347
だんだん要領を掴んできたようです
この後ほっといたのですが、10分後くらいには全部食べきっていました
とりあえずは使えそうなので、今後お留守番の時や暇していそうな時に使ってみます
犬の歯は凄いので、問題は耐久性ですが・・・。
まぁ壊れたらその時でまた違うおもちゃを探すことにしますかね~(^_^;)






愛犬を染める!?こんなショップがあった

以前、世界から非難を浴びているこんなニュースをブログで取り上げました。

批判は当然!?犬の整形手術について

いただいたコメントでも「許せません!」との声が実際ありましたし
これは単なる飼い主の自己満足であり動物虐待では?というのが私の見解です。

先日のことです。
野暮用で立ち寄ったあるお店の向かいに、初めて存在に気付いたペットショップがありました
87yjimage
もちろん住所やショップ名は伏せますが(笑)
何気に「へぇ~、こんな所にペットショップあったんだなぁ」なんて眺めていたのですが。
・子犬や子猫の販売しています
・交配も承りますので何でもご相談ください
・フードの販売もしています
まぁここまでは良しとしましょう
ビックリしたのはそれらの文字よりもデカデカと看板で宣伝しているこれでした。
『愛犬を染めませんか?ピンク・緑・オレンジ・・・・・』

は!? これって何ですか????
愛犬の毛を染めるって意味でOK?
一体なんの為に???
yjimageSSWRASNV
ちゃろを例に考えてみましょう
金色とも言える艶々ピカピカの毛をピンクに染めるってことですよ
DSC_1197
私もそうですが、飼い主さんって被毛の健康に気を付けますよね?
その為、ブラッシングしたりシャンプーしたりフードを選んだりするのです。
私なんかちゃろが痒がってないか、毛がボサボサになっていないかと
常に気にかけます。柴犬はアトピーが多いとも言われますし。

人間でもそうですがカラーって毛を傷める行為でもあります
それをある程度覚悟で、人間はオシャレの為にカラーをしていると思います。
それを愛犬にするってどうなんでしょう?
生まれ持ったその犬種独特の美しい毛を染める行為を私は敢えて批判します
絶対に必要のない行為だと考えます
冒頭で紹介した整形記事に匹敵するレベルじゃないでしょうか。

「あら~ピンクに染まって綺麗なプードルちゃんね~」
「そちらも綺麗なグリーンですね~」
こんな会話が成立する場面があったとしたら、、、
ヘドが出るぜ・・・。




こんなちゃろを見ていると・・・。

毎日忙しい人間の傍ら、
の~んびり過ごす愛犬の姿は羨ましく感じることってありませんか?
特に冬の寒い日は、布団から出たくない!ストーブから離れたくないよ!!
こんな感情の連発だと思います
DSC_1320
人間をダメにする犬。
冬毛の柴犬はモフモフがとてつもなく気持ちよいです
どんなに高級で手の込んだぬいぐるみより、やっぱり生きた柴犬です
DSC_1322
ちゃろに触れたままただただ寝ていたい。
うっとり横たわるちゃろにはそう思わせる魔力があるらしいです
DSC_1321
犬が安心して眠る姿に家族も癒されます
DSC_1323
3連休も終わり、明日からまた仕事や学校がやってきます。
皆さん愛犬の魔力から脱出し、また明日からの日常を乗り切りましょうね




プロフィール
柴犬の女の子☆壮瞥からはるばるやって来たちゃろ❤️臆病だけど好奇心旺盛なお転婆娘です。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター
BIRTHDAY
ギャラリー
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
  • 比較的ご近所で公園巡り♪
リンクリックブログランキング
  • ライブドアブログ