3代目柴犬ちゃろは我が家の福姫です

2015.11にやってきた柴犬の女の子。 臆病者だけど好奇心旺盛なお転婆娘、伊達の福姫こと【ちゃろ】と、そのお転婆娘をこよなく愛する家族とのほのぼの日記。 フード・おもちゃのレビューや、しつけの話し・犬関連のニュースなども取り上げていきます。

キャンプ場

今週末キャンプに行きます!!

今年のキャンプ第二弾は6月17・18日で予定しています
先月は黒松内町の歌才オートキャンプ場ルピックに行きましたが、
皆さんブログは読んでいただけましたでしょうか?

【柴犬ちゃろと行く!】歌才オートキャンプ場ルピック①【北海道キャンプ場巡り】
【柴犬ちゃろと行く!】歌才オートキャンプ場ルピック②【北海道キャンプ場巡り】
【キャンプ番外編】金山パーキングエリアにまさかのドッグラン!?

さてさて、今回行くキャンプ場ですが、
洞爺湖の近くにある『洞爺水辺の里 財田キャンプ場』です
たからだと読みます。

実はこのキャンプ場には昨年の丁度同じ時期に行ったのですが、
とても良いキャンプ場だった記憶があります
キャンプ場のすぐ近くに水辺があるので、子供たちと石で水切りして遊びました
IMG_20160618_101549
昨年行って感動したのが、水辺の近くなのに虫がいなかったことです
キャンプで結構悩まされるのが虫よけですよね~。
蚊などにやられてしまったらテンション下がりますし・・・。
2年前ですが、とあるキャンプ場の雨上がり時にお母さんがブヨに10か所程やられる事件がありました
ブヨのパワーはハンパないです

綺麗な水辺があって、しかも虫がいない。なんと素晴らしいことでしょう
IMG_20160618_150902
水が大の苦手なちゃろも、気持ち良さそうに遊んでいました
今週末は天気も良さそうなので、楽しい思い出が作れればいいな
IMG_20160618_100319
暑くなりそうですし、ちゃろも熱中症には十分気を付けます。
確か昨年はペットスエットを買っていったような気がします

今から対策!犬の熱中症予防をしましょう

家族もちゃろもたくさん楽しんで、思い出いっぱい作ってきたいと思います
それでは、キャンプ後に詳しくお知らせいたします!
お楽しみに~




【柴犬ちゃろと行く!】歌才オートキャンプ場ルピック②【北海道キャンプ場巡り】

歌才オートキャンプ場ルピック②に突入させていただきます!
2日目は朝からあいにくの雨模様
お父さん、雨男の汚名返上は今回もならず・・・。

IMG_20170506_114556IMG_20170506_114610

一晩ここで生活してみて家族の意見を参考に歌才の好ポイントをご紹介します
1. トイレがウォシュレット&温便座になっている(キャンプでこれは意外に嬉しい)
2. 隣りのサイトとの距離が保たれている為、窮屈さがない。
3. レンタル品がコールマンではなく、スノーピーク。
4. フリーサイトに駐車場が隣接しており、場所によってはセミオートで使える。
5. カーサイト・バンガローであればどこでもペット同伴可(フリーサイトは同伴不可)

気になった点としてはセンターハウスの品揃えとして一般商品(カップ麺・食器類・日用品など)が一切なく、炭と薪や黒松内特産品ぐらいなので買い忘れたらちょこっと面倒くさいこと。
センターハウスにシャワー室を完備しているのですが、5分100円と高めです。女性などは時間がかかる場合は、車で少しいった所に500円で天然温泉にゆっくり浸かれる方がお得な気がします。それを踏まえると、あまり利用価値はないのかなと思います。

お昼頃には雨もあがり、少しずつ日が差してきました
せっかくなので、ブナセンターに遊びに行ってみましょう
IMG_20170506_132013
IMG_20170506_132513

ブナセンターは歩いて数分で行けます。
ブナを中心とした黒松内町の資料館といった施設です。
2階には図書館を完備していますので、様々な図鑑なども楽しめました
1階には100円でコーヒー・紅茶を飲めるくつろぎスペースもあります
木工体験もありますが、物によっては数時間かかるので時間に余裕のある方は体験してみてください。
IMG_20170506_161950
IMG_20170506_162006

この日もドッグランで激走したちゃろ。
こんな広いフィールドは探してもなかなかないので、毎日でも利用したいです
つりあげちゃうワンを持って走るととてつもない速さで追いかけてきます
ここで愛犬と遊ぼうとするならば、前もって人間側の基礎体力作りをおススメしますね

キャンプもアッという間に最終日です。
2日目の夜は初日に比べ気温がガタッと落ちました。
男性陣とちゃろは初日からテントで寝たので、2日目はかなり寒かったです。
IMG_20170507_072248
いつも室内で寝ているちゃろですので、柴犬と言えども寒かったのでしょう。
おもむろに火の近くに寄って来て、暖をとっておりました(笑)
やっぱり室内飼いはひ弱になっちゃうのでしょうか?
IMG_20170507_084856
IMG_20170507_084915

陽太くんともいよいよお別れです(泣)
お互いまだまだ若犬なので挨拶もドタバタしてましたが、陽太くんの陽気な性格に助けられました
お姉ちゃん・弟くん・妹ちゃん、うちの子らと仲良く遊んでくれてありがとうね
そしてお父さんとお母さん。お世話になりましたm(__)m
くだらない名刺も快く受け取ってくださってありがとうございました
たまにはブログを見ていただければ嬉しいです

歌才オートキャンプ場ルピック、いかがでしたでしょうか?
いざブログにしてみると何を書いたら良いのか非常に悩んでしまいます。
稚拙な記事になってしまい申し訳なく思っています。
次回はもっと的確な記事にできるよう頑張っていきます!!
IMG_20170507_091630
帰りのキャンピングカーです。
お兄ちゃんと一緒に進行方向を見て楽しんでいます
家に帰りたくなっちゃったかな(笑)
IMG_20170507_124808
さすがにちゃろもお疲れのようですね。
こういう表情を見ていると中に人間が入っているのでは?と錯覚しちゃいますよね

2回に渡る『歌才オートキャンプ場ルピック』情報にお付き合いいただきありがとうございました
前回記事をお読みでない方は『歌才オートキャンプ場ルピック①』をどうぞm(__)m
そして・・・、帰りの道中にも嬉しい出来事があったのでまた記事にしたいと思います。
載せきれないほどの写真もあるのでまたご紹介させていただきますね☆



























【柴犬ちゃろと行く!】歌才オートキャンプ場ルピック①【北海道キャンプ場巡り】

5/5早朝6時いよいよ黒松内町に向けスタートです
今回の目的地は『歌才オートキャンプ場ルピック』。
黒松内町は札幌を函館の中間位置で、大体3時間間くらいの旅となります。
我が家も初めてのキャンプ場ですのでとても期待しています

DSC_0011

5:30位に散歩を済ませたちゃろはいつもより早起きで眠そうです。
一通り探索を終えた後は、すぐにご覧の通りです(笑い) 家族の足元で熟睡してます
IMG_20170505_101957
長旅にトイレタイムは必須です!特に犬と一緒だととても重要ですよね☆

IMG_20170505_093219IMG_20170505_093207
途中、倶知安のスーパーマーケットで休憩&お買い物です。
ちゃろもこの辺で一回おしっこをさせておきましょう

IMG_20170505_093812IMG_20170505_093340
全く知らない町を散歩するのは楽しいですね
道路の向こうにはまだ雪が残る羊蹄山が見えました。
ちなみにちゃろは、念のため朝ごはんを抜いているのでお腹ペコペコなはず

人間も犬も誰も車酔いなどもなく、ようやく黒松内町に入ります。
せっかくなので道の駅にも寄ってみましょう
『道の駅くろまつない トワ・ヴェール・ドゥー』です。

DSC_0031DSC_0037

この道の駅はパン工房が人気のようですが、連休ですごい人だったので、
パン屋の棚はすでにスッカスカでした 大人気のようですね~
建物の裏はパークゴルフ場になっています。
犬連れの方もとても多く、ちゃろも興奮気味です。良い刺激受けてますよ
子供たちはソフトクリームで大満足そうです

IMG_20170505_110315IMG_20170505_112208

ここで挨拶させていただいたブルドックちゃん。写真はありませんが・・・。
大人しくて超絶可愛い子でした。
ただいま気温は25℃ほど。
ブルドックちゃんはこの程度でも体に負担だそうです。

そしていよいよキャンプ場に到着です
13:00のチェックインを済ませ場内に入ります。

DSC_0063DSC_0052
キャンプで毎回思うことは、何よりも天気が重要だということ。
我が家は高確率で雨に当たります(お父さん雨男説がかなり有力)。
しかしですよ!!見てくださいこの青空 これはテンション上がります

それではここで、『歌才オートキャンプ場ルピック』を簡単にご説明します
1. フィールドの広さは22ha。バンガロー3棟・オートサイト27区画・フリー9張を配置。
2. 各サイトには水道・流し台・直火(焚き火)スペースを完備。
3. ペット同伴可なのでワンちゃんとキャンプを楽しめる。近くにドッグラン施設がある。

DSC_0089DSC_0086
このキャンプ場は、今までのキャンプ場に比べ広さはそんなに感じませんでした。
ただ、犬連れ家族として嬉しいのはペット同伴サイトを限定していないところです
つまり散歩場内を散歩していると至る所で犬連れさんを見かけます。
もちろん、個別サイト内やフリーサイト内の芝生にトイレさせてはいけませんよ

それでは早速ですが、超期待のドッグランへ行ってみましょう
すぐ近くにブナセンターという施設があり、そこから繋がる山道を少し歩くと到着です。

DSC_0124DSC_0126

分かりますかこのとてつもない広さ? 奥が見えません
これだけのフィールドを30分300円で貸し切りです
入口が一つで、鍵をブナセンターから借りるというシステムとなっています。
後から別の犬が来るということはないので、他の子が苦手な犬にも安心ですね

20分程激しく遊んだところでちゃろの飲み水が切れてしまったのでサイトへ戻ります。
そこで今回のキャンプ一番の嬉しい出会いがありました。
隣りのサイトに子供連れの家族さんが入ってきたのですが、な・な・な・なんと
IMG_20170505_164507

めちゃくちゃ可愛い雄の柴犬くんの姿がありました(^^♪
まだ8ヵ月の陽太(さんた)くんです。
ちゃろとは違い人懐っこくてほっとけない程の可愛さなのです
うちの子供たちもそちらのお子さんたちとすぐに仲良くなって遊んでいます。
キャンプってよその家族さんとの出会いっていうのも重要なポイントだとつくづく感じます

IMG_20170505_165151

昼間あんなに暖かったのに、夜は急に冷え込みます。
そうここは北海道、まだ5月です
IMG_20170505_192023
焚き火の周りは暖かくて、自然の中にいると火のありがたみを感じます。
IMG_20170505_192031

焚き火の奥でキラリと目を光らす危険な動物!!
熊やオオカミではないのは確かです。野生の獣には十分お気を付けください(爆笑)

初日は天気に恵まれ、嬉しい出会いもあり幸先の良いスタートです
一日一日楽しくてアッという間に過ぎてしまいますので、
次の日もたくさん思い出が作れるように精一杯遊びます
ちゃろも疲れずについてくるんだぞ~


【関連記事】
【柴犬ちゃろと行く!】歌才オートキャンプ場ルピック②【北海道キャンプ場巡り】
【キャンプ番外編】金山パーキングエリアにまさかのドッグラン!?















































もうすぐキャンプだぁ!ちゃろの写真あれこれ♪

以前予告しておりました『柴犬ちゃろと行く!北海道キャンプ場情報』ですが、
いよいよ今年一発目が目前に迫ってきました
予約の関係で行先・日程が二転三転しましたが、
ようやく決定しました 前日に発表させていただきます
何やら近くにドッグランがあるということでとても楽しみです

ちゃろとは去年のキャンプから一緒だったのですが、
写真がたくさんあったので行先など関係なくランダムに紹介します
ちゃろ中心の写真なのでキャンプ場の風景などは伝わりませんがご覧ください。
IMG_20160502_165523
ちょうど一年前なのでちゃろは7ヶ月くらいでしょうか。
若干あどけない感じはしますね
基本臆病なちゃろは周りの人達をキョロキョロ気にしていました。
でもしっかり柴ソックしてくれていましたよ
1462362950802
慣れない環境に突然連れて行ったせいか、初日とかはご飯が進まないちゃろ
でも2日目以降はきちんと食べてくれるのがありがたい
IMG_20160618_100319
天気が良いと気温も上がる為、外飼い状態になるちゃろには厳しい場面も・・・。
こまめな水分補給をさせて、日陰ができる場所にリードを繋ぐ工夫をしなくてはなりません。
去年はペットスエットを買って飲ませたなぁ
IMG_20160618_111919
ちゃろなりに考えて居やすい場所を見つけてくれます
日陰の芝生は冷たくてお腹が気持ち良いのでしょう
IMG_20160619_104121
テーブルの下、ベンチの下なども見つけます!
この時期は両津眉毛全盛期なので、どれも滑稽な顔に見えちゃいます(笑)
IMG_20160716_115554
こうやって愛犬とシートの上でするお昼寝。最高ですね

そういえば、ちゃろは夕方以降暗くなってくると人影や音が気になってきてワンワン吠えていました。
普段の散歩ではそんなことはないので、環境の違いに警戒心が過敏になっているのでしょう。
あまり吠えてくるとキャンピングカーに強制収容されてしまうのですが
今年はどうなるでしょう??

さてさて、今年は犬連れファミリーという視点でキャンプ場を記事にします
単なる日記にならないよう頑張りたいと思いますのでご期待ください!
またキャンプ期間の2.3日はブログ更新はストップとなります。
帰り次第バッシバシ挙げますので宜しくお願いしますm(__)m










【予告】柴犬ちゃろと行く!北海道キャンプ場情報!!【シリーズ化】

犬と一緒にキャンプを楽しみたい!
北海道で犬同伴可のキャンプ場はどこにあるの?
そんな気になる情報をGWを皮切りに、シリーズで記事にしたいと考えています
IMG_20160618_101557
キャンプ場=自然を楽しむ、とは言っても、なかなか犬と一緒となると
まだまだ多くはないのが現状です。
そして犬だけではなく、人間にとっても楽しくなくちゃ意味がない

北海道には素晴らしいキャンプ場がたくさんあります。
我が家では毎年、ほぼ月一ペースで北海道内のキャンプ場を回っています。
IMG_20160618_175313
日本の自然に柴犬は良く似合います(´∀`)

これまでも札幌から比較的行きやすいキャンプ場から、車で数時間かかるキャンプ場まで
幅広く堪能させていただいておりますm(__)m
ちゃろを連れて行くようになったのは去年からでした。
2016年もたくさんの思い出が作れたのでちゃろにも感謝です
それにしても、犬と一緒に楽しめるのは最高ですよね

キャンプ場の写真もたくさんアップしますし、犬と一緒に楽しめるという観点から
事細かにレビューしていきたいと思っております。

一発目はゴールデンウィーク明けの記事になりますので、
皆さんご期待くださいませ
IMG_20160618_102312








プロフィール
柴犬の女の子☆壮瞥からはるばるやって来たちゃろ❤️臆病だけど好奇心旺盛なお転婆娘です。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター
BIRTHDAY
ギャラリー
  • 巡り会うタイミング
  • 批判は当然!?犬の整形手術について
  • 批判は当然!?犬の整形手術について
  • 雨上がりの散歩
  • 雨上がりの散歩
  • 雨上がりの散歩
  • 雨上がりの散歩
  • 雨上がりの散歩
  • 雨上がりの散歩
リンクリックブログランキング
  • ライブドアブログ