3代目柴犬ちゃろは我が家の福姫です

2015.11にやってきた柴犬の女の子。 臆病者だけど好奇心旺盛なお転婆娘、伊達の福姫こと【ちゃろ】と、そのお転婆娘をこよなく愛する家族とのほのぼの日記。 フード・おもちゃのレビューや、しつけの話し・犬関連のニュースなども取り上げていきます。

ドッグフード

もう3袋目♪『オーブンベイクドトラディション フィッシュ』

ちゃろにはできるだけ粗悪なドッグフードは与えていないつもりです。
もちろんあまりにも高額なフードは買えないのですが、
続けられる範囲で良いフードを日々探しています

ちゃろももうすぐ3歳。
これまで様々なドッグフードを試してきました。
そして気が付きました。
値段がある程度高くても、食いつきが良くないものが確かにある・・・ということに。
そうなんです
高けりゃ良い、そんなことは決してないのです
DSC_3323
今回の記事で何が言いたいのか?
『オーブンベイクドトラディション』はめっちゃ食いつきが良いということ

【フード紹介】オーブンベイクドトラディション・フィッシュ

今回もP&LUXEさんで購入。
DSC_3324
いつものおまけが嬉しい ご飯のトッピングに使えそうです
DSC_3325
途中でブルーバッファローを挟みましたが、
フィッシュは今回で3袋目になりますローテーションとしてはもう十分ですね

あれだけ期待したブルバッファローも結局食いつきが悪くなりました。
う~ん、これだけ良質そうなフードなのになぜだろう???
色々と考えてみました。

ここからはあくまでも私自身の勝手な見解です。
主原料がチキンだラムだ魚だなんだももちろんありますが
そして値段の高い安いもありますが
食いつきに影響するのは製造法なのではないかということ
ブルーバッファローもそうですし、愛用していたニュートロもそうでしたが
カリカリフードって結局ドッグフード臭が強いんですよね
肉をこれだけ使ってまっせ的なものも結局は同じ臭いがするんです。
オーブンベイクドは独自の製造法で、サクサクした食感のようです。
袋を開けた瞬間、魚の良い香りがしっかり漂います
ローテーションの次に考えていものもそうです。

イベリコ豚たっぷり食いつき抜群のドッグフード!

これなんて若干しっとりする程のフードで豚肉たっぷり
味見したら人間のおつまみでもいけるって位の美味しさなんです。
ちゃろは決して選り好みするタイプではないですし、絶対完食する子です。
それでも動物ですから好き嫌いは当然あると思います。
そう考えるとフード選びに終わりはないような気がしてきました


【フード紹介】ブルーバッファローラム&玄米

ちゃろが現在食べているドッグフードをご紹介します
これまで色々なフード紹介を記事にしてきましたが、
価格という面では今回のフードが一番高価かもしれません
普通に買ったらそこそこのお値段ですが、今回は事情あって無料でゲットしました

充実の戦利品♪『第3回北海道ペットフェスティバル①』

詳しくはリンクから読んでみてくださいm(__)m

さてさて、『ブルーバッファローラム&玄米』のパッケージです。
DSC_2715
ラム&玄米2.5kgになります。
海外のドッグフードは2.27kgが多い中、2.5kgは微量ですが多いのが嬉しい
DSC_2716
グレインフリーではありませんが、無駄な穀類や添加物は不使用とのこと。
正直、我が家はグレインフリーにはこだわりはないので全然問題なし
そうです、愛犬は"大切な家族"です
DSC_2717
ネットで調べたら、ブルーバッファローは過去にリコール問題を起こしているようです。
どうやら、「使っていませんよ~!」と言っていたものを使っていたという・・・。
このような表示はリコール後に始めたのかどうかは知りませんが、
約束は守ってほしいものです 家族はそれを信じて購入するんですから
とは言ってみたものの、お父さんはそこまで気にしていません(笑)
逆にそういう問題があったからこそ今は信用できるってものかな?なんて
DSC_2718
かなり見づらいですが、材料はこんな感じです。
ブルーバッファローにもチキン主原料があるのですが、
今回は運良くラムだったのでゲットすることができたのです
DSC_2719
ここから裏面。
会社としての考えや、このフードに対するこだわりなどが書かれています。
DSC_2720
その中で、一番特徴的なものを紹介します。
それが独自開発『ライフソースビッツ』です。
ブルーバッファローには2種類の粒があります。
DSC_2721
大きいのが普通の粒。BB弾みたいのがライフソースビッツです
この2種類がバランス良く混ざっていますが、これだけでも珍しいと思いますし、
ブルーバッファロー社にとって最大のこだわりがここにあるようです。
ライフソースビッツの材料など詳細はよく分かりませんでしたが、
とりあえず栄養満点、抗酸化作用などが期待できるということでした
DSC_2722
DSC_2723
写真を撮っている間にちゃろは完食。
それ位食いつきは抜群に良いです
ラムのフードではブルーバッファロー完全にありです
お値段は2.5kgで4100円程。
決してお手軽な価格設定ではないのですが、良質フードなので選択肢になりえますね
皆様も機会があったら検討してみてください

クプレラのベニソン&スウィートポテト

昨日の記事でキアオラという鹿肉フードの話しをしました。
とても良質&高価なフードなので、サンプルをもらっただけですが
もともとフードローテーションの中に鹿肉を入れたいと考えていたのですが
鹿肉が第一主原料のフードはどれもこれも高価なんです

そんな中でようやく見つけたのがこちらです
DSC_1951
『クプレラ ベニソン&スウィートポテト』という商品になります
このフードも決して安いわけではないのですが、まぁまぁ許せる範囲というか(笑)
クプレラのフードはこれ以外にも数種類あって
以前から気になっていたのですが、決め手はやはり鹿肉が第一主原料だからです
DSC_1952
2番目表示にちゃろがおやつで大好きなサツマイモというのも気に入りました。
何より穀類がほとんど入っていませんので消化不良を起こしやすい子にも安心ですし、
プロバイオティクスまで含有しているフードって珍しいのではないでしょうか
ちゃろの場合、サプリメントで善玉菌の類いは与えているので、
この辺の含有に関してはそこまで重要視はしませんが、入っていて悪いことはないはず
DSC_1953
粒はこんな感じで、丸く平べったい形状をしています。
オーブンベイクドトラディションに比べれば大きいですが、
特に大粒というわけではなさそうなので小型犬にも問題ないと思います

DSC_1950
オーブンベイクドトラディション8割にクプレラ2割で切り替えしていきます。
今日は夕食にサラダがあったので、ちゃろにも生野菜をトッピングです。
DSC_1949
ご飯を準備している間、足元で伏せて待っている健気なワンコです
DSC_1954
心配はしていないのですが、やっぱり何でもしっかり食べてくれます
世間的には鹿肉は低アレルギーと言われていますが、
こればかりは個体の問題なので一応観察していくつもりです。
とりあえず今日は完食して満足気にしているので良かったです

あっ、最後に一つクプレラに対する不満点を挙げさせてください
このフード、チャックが付いていません
ハサミで封を切ったから口が開きっぱなしなのでテープでとめるか何かに移した方が良さそう。
チャックぐらいは付けることができたんじゃないですかね~
以上、新しく買ったフードの紹介でございましたm(__)m


フードのサンプルって嬉しい♪

皆さんも普段ペットショップに行かれることがあると思いますが、
サンプルで置かれているドッグフードをもらうことはありますか?
もちろん無料サンプルなので、お一人様1個まで!が多いので
サンプルだけで何食分もな~んてケチなことはできませんが(笑)
お店にもよると思いますが、あれって結構良質フードもありますね
gd1998-m-01-dl
この『キアオラ』のベニソン(鹿肉)の60gサンプルを以前もらっていました。
ちゃろのフードローテーションに鹿肉を入れたいと前々から考えていたのですが
鹿肉が主原料のフードって結構お高いんですよね~
そしてこのキアオラですが、マジで高いです。継続して買うのは無理
値段も高いですが、比例して質も高そうです。
ですので、鹿肉ドッグフードはこれとは違うものを注文しました。
そちらはまた別記事でご紹介させていただきます
ちゃろは鹿ジャーキーは食べているのでアレルギーは問題なさそうですが、
切り替えという意味で、今のラムのフードにキアオラを混ぜて与えています。

つい最近同じショップで発見したのがこちらです
DSC_1946
『HALO』のヘルシーラムとヘルシーサーモン。
こちらも存在は知っていますが、これまたお高いんです
DSC_1947
こちらも材料を見るとなかなかの良質フードそうです。
ただ、どちらにもチキンレバーが含まれているので、
ちゃろにとってはどうなるか微妙なところではありますが
そもそももらったサンプルを絶対食べさせてみるわけでもないのですがね~。

ということで、お店でもらえるフードには意外と掘り出し物があります
いくらただだからと言って、粗悪なフードのサンプルはいりませんが、
もしかしたら気になっているフードを試す機会に恵まれるかもしれませんよ

何を基準にドッグフードを選ぶのか?

愛犬に毎日与えるドッグフードについては様々な情報を調べることができます。
さすがはネット社会と言うべきか、本当に良い時代になりました
ただ情報が多すぎて、その中から自分で取捨選択しなくてはならないのも事実です。
59yjimage
私もちゃろに与えるフードに関してはあれこれ考えているのですが、
「このフードだけで良いや!!」というのは正直ありません。
栄養的な細かい知識も持ち合わせていませんが、
とりあえず、フードから発生するアレルギーだけは避けたいという思いはあります

今回は、ネットの情報は置いておいて、
私のフード選びの基準についてお話しさせていただきますm(__)m
参考になるかは分かりませんが、どうぞお付き合いくださいませ
96yjimage

①動物性たんぱく質が第1主原料である
これは結構大事なことらしいです。結局犬は肉食の動物なので、
肉なり魚なりがたっぷり入っているフードが
犬の身体にも合うでしょうし食いつきも違ってきます。

どんなフードでも一応、肉や魚の表記はありますが
穀類などでかさまししているフードもかなり多いので
第1主原料となっているのもをしっかり選ぶようにしています
穀類がはいっていない『グレインフリー』のフードも存在していますが
質が良いだけにお値段も結構なものになってきます

②怪しい原料が使われていない
これに関してはこだわると底がないのである程度は許容します。
ただ一つ、『動物性油脂』というものだけは避けるようにしています
これはかなりおぞましいものらしく、愛犬の体内に入れることが躊躇われるます
本来からだに入れる必要のない添加物などもなるべくない方が良いのでしょう。
犬の寿命は人間の何倍も短いです。
つまり、身体に対するダメージも人間の何倍もあるのかも?と考えちゃいます。
89yjimage
③価格がお手頃
実はこれが一番重要だったりしませんか??
愛犬に良いものを食べさせたいのは当然のことですが、
人間以上に食費がかかってしまっては困ってしまいますよね~
我が家では1kgで2000円のフードでも考えてしまいますし、
高ければ良いという世界でもないように感じています。
フードは1袋だけそれを与えても意味はないと思います。
継続するからこそ、愛犬の身体の状態に変化が出てくるはずです
頑張って1袋だけ高級フードを買っても続けなくては意味がないのです

④国産フードは基本選ばない
もしかしたら意外に感じる方がいるかもしれませんね
これはどういうことなのか? 理由はめちゃくちゃ簡単です
「日本はペットに関しては後進国である」これに尽きます。
パッケージに堂々と国産表記があったり、
原料に関しても国産を売り文句にしているフードは溢れています。
「国産?だから何??」というのが私の意見です(笑)
国産だから穀類いっぱいでもアレルギーが出ないのか?
国産だから添加物たっぷりでも身体に心配はないのか?
そういうことなのです。
中には原料にこだわった国産フードもあるようですが、
値段はかなり高く、それなら世界的に評価されているフードを買うべきだと思います
24yjimage
いかがでしたでしょうか?
さらっと書きましたが、実はもうちょっと突っ込んだところまで書くことはありました。
ただこれは私個人の意見であって、それぞれの愛犬の体質のよって変わってきます。
次回はこの基本的な基準に照らし合わせて、
ちゃろという個体に対してのフードの選び方をご紹介したいと思います



プロフィール
柴犬の女の子☆壮瞥からはるばるやって来たちゃろ❤️臆病だけど好奇心旺盛なお転婆娘です。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター
BIRTHDAY
ギャラリー
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 柴犬に"新色"のご提案♪
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
  • 『厚別西』で公園巡り
リンクリックブログランキング
  • ライブドアブログ