3代目柴犬ちゃろは我が家の福姫です

2015.11にやってきた柴犬の女の子。 臆病者だけど好奇心旺盛なお転婆娘、伊達の福姫こと【ちゃろ】と、そのお転婆娘をこよなく愛する家族とのほのぼの日記。 フード・おもちゃのレビューや、しつけの話し・犬関連のニュースなども取り上げていきます。

ニュース

猟犬が人を襲った事件について

10月1日に発生した猟犬が人を襲った事件、皆さんニュースでご覧になったでしょうか?
yjimage
まずは今回の兵庫県で起きた事件について。


家庭の庭に犬が侵入

午前9時半頃に住宅の庭に体調1メートルほどの猟犬2頭が侵入しました。
庭で洗濯物を干していたお母さん、近くにいた3歳の息子さんが頭などを咬まれました。
さらにそれを助けようとした男性も臀部を咬まれました。
3人はヘリコプターなどで救急搬送されましたが、幸いにも命に別状はないとのことです。

侵入した犬はどこから来た?
どうやらこの家の近くの山で、地元猟友会の男性が活動をしていたようです。
目的は鹿などの有害鳥獣の駆除ということですので、当然放しっぱなし状態です。
この犬2頭が住宅の方に向かって下りていき、事件に繋がってしまいました。
2頭の猟犬は飼い主の男性がその場で捕まえたとのこと。

524yjimage

猟犬が人畜を襲う事件は多発している
全部が全部ニュースになっているわけではないのかもしれません。
調べてみると猟犬が人畜を襲う事件はかなり多いようです。
高校のグランドに侵入し部活中の生徒を襲った事件、公園で遊んでいた女児2人が襲われた事件、
中には車いすの高齢者が死亡してしまった事件もありました。
猟犬が一般の飼い犬を殺した事例もあるようです。
ちなみに以上で挙げた事件は全て2000年代に起きています。

猟犬の危険性とは?
犬という動物の行動は時に予期せぬハプニングを巻き起こします。
それは我々が飼っている愛犬にも当然言えることです。
「うちの子は人を咬んだりしないから大丈夫」なんて言って散歩中に人を怪我させた、よく聞く話しですよね

私は猟犬について詳しくはありませんが、例えばイノシシを相手にする犬が防御的な犬とは思えません。
それだけの獣を相手にするわけですから、攻撃性を備えていなければ役に立たないのではないでしょうか。
そういう仕事を人間が教え込むでしょうし、山に入ったら猟犬のスイッチもONになるでしょう。
その状態で住宅街などに下りてしまったら・・・。結果は目に見えています。

もしかしたら猟犬を山に放つという手法がそもそも危険なのかもしれません。
ただこれに関しては違法ではないようなので、
危険だ危険だ!と騒いでも取り締まることはできないようなのです。
今後もこのような事件は後を絶たないような気がします。









【インド発】青い犬が複数発見される

かなり久しぶりとなりますが、犬関連のニュースを取り上げたいと思います。
ニュースに関して(特に海外は面白い)は定期的に取り上げたいのですが、
そこには当然元記事があるわけで、それをただ取り上げるだけでは面白くありません
ということで、特にインパクトがあるものを今後も取り上げていきたいと考えています

41yjimage
今回はインドから『青い犬』が複数発見されというニュースです。
上記の写真ですが、まるで合成したかのような綺麗なブルーになっていますね~
このような青い犬が何頭か発見されたと言うのです。

原因は何?
野良犬の中に青い犬が発見され、インドでも話題になっています。
一部では、信仰されているシヴァ神の色に似ていることから「神の化身か!?」などと噂されているようですが、
いやいや、そんな正当化している場合ではないのです
原因はどうやら、高度に汚染された水だとされています。水を飲んだり、泳いだりしたことにより
体が染色したと言われています。
452yjimage
汚染大国インド
インドと汚染についてネットで調べるとたくさんの記事が出てきます。
今回は水の汚染が原因とされていますが、大気汚染が最も酷いのもインドだと言われているようです。
中国での大気問題で有名になったPM2.5という言葉ですが、インドでは基準値の16倍です

そして今回の青い犬ですが、ムンバイという工業地帯付近の野良犬の中で発見されました。
動物愛護団体の見解によれば、この地域の企業が有毒塩化物をそのまま川へ排出していることから
高濃度に河川が汚染されたとのことです。
その驚くべき濃度ですが、人体に対する安全限界の13倍以上となっています
当然、犬だけの問題ではなく漁師の人体にも影響を与えているという恐ろしい事態なのです。

犬から発信された社会に対する問題提起
私個人としては、インドには行ったこともないですし特に興味がある国でもありません。
大気汚染が酷いと言われても、実際にその空気を吸ったわけでもないので酷さがピンときません。
もしかした河川の汚染にしたってインドの人たちにとっては「何をいまさら・・・」という感じかもしれません。
ただ、青い犬という普通ではありえない異常な出来事に国民の反応も上がっているようですね

犬という動物の体が犠牲になる結果となっていますが、可視的に認識できる事態が起きたことで、
無視できない重大な問題がそこにあるということにインド国民が気付き始めたということになるのでしょうか。
大気や河川の浄化は口で言うほど簡単なことではないと思いますが、回復されることを願うばかりです。
犠牲になった地元住民や犬には本当に気の毒なことなのですが・・・。

日本ではまず考えられないニュースですが、皆さんはどうお考えですか??





批判は当然!?犬の整形手術について

美しくなりたいという一心で顔なり体にメスを入れる人間はたくさんいます。
所謂、美容整形というものです。
今、愛犬に同じ思いで手術させる飼い主がいるという事実を皆さんは知っていましたか?
そして、それについて賛成、反対、どちらのスタンスを取られるでしょうか。
念の為言っておきますが、
ここで対象にするのは怪我や病気などによる骨・関節などの整形手術ではありません。
あくまでも、美容という意味合いの元に行われる整形手術についてですのでよろしくお願いします
yjimageNE5J2HQI
①ロシアでの出来事
ネットで発見した、つい先日のニュースです。
ある飼い主さんがジャックラッセルテリアの子犬を購入したのだそうです。
飼い主さんはこの子を将来はドッグショーに出したい!繁殖もしたい!と夢描いていました。
しかし事態は思わぬ方向に進んでしまいます
たれ耳が可愛いジャックラッセルテリアという犬種ですが、購入した子は成長するに従い、
立ち耳になってしまったというのです

理想のジャックラッセルテリアとは違ってしまった飼い主さん、家族と相談の結果、ある決断をします。
動物病院の獣医に理由を説明し、「手術でたれ耳にしてほしい」とお願いします。
獣医さんは一旦、整形手術の必要はないと頑張って説得を試みます。まともな獣医さんだと思います
しかししかし、
「ドッグショーに出られない」「繁殖相手にならない」と身勝手な理由で獣医の話しを聞こうとしない飼い主。
yjimage3TL3BCQE
結局、手術は決行されてしまいました。
飼い主の希望通り綺麗なたれ耳になったそうですが、健康な耳の軟骨を損傷する結果になりました。
ただ、この飼い主にとってはさぞかし嬉しかったことでしょう。

②飼い主の行動に批判殺到!!
この行動がロシアのメディアで報じられたそうです。
予想通りというか何というか・・・、あちこちから批判の声が上がります
動物虐待ではないのか!?」、「なんて残酷なことをするんだ!!」と飼い主は非難されてしまいます。

そして、批判の対象は飼い主だけに留まりませんでした。
一旦手術をさせまいとして説得した獣医さんまでもが批判の的になってしまいます
「怪我や病気の治癒を目的とした手術以外はするべきではない!!」という声が上がりました。
記事を読む中では獣医としてのモラルがある方に感じましたが、手術をしたのは事実です。
「モラルより金儲け優先か?」と思われてしまったのでしょうね

③ペットの美容整形最先端はやはりあの国だった
いやいや驚きました。
ネットで調べてみたら色々出てくるんですよ、あの国の情報が・・・。
あの国ってどこ?って思いますか? ヒントは人間の美容整形の最先端を行っている国です!
ヒント出さずともお察しでしょうが、そうです、韓国なのです。
もうここまで来ると伝統的な価値観の違いとでも言うべきでしょうか

中にはワクチン接種に行っただけなのに、
獣医の方からしわを取る整形手術を勧めるなんて話しもあるようです。
他にも、まぶたを二重にする・チャウチャウをパンダのような見た目にするなど色々出てきます(>_<)
なかなかおぞましい現実ですよね

ただ、調査によると韓国国内でも大多数が批判的な考えを持っているそうです。
やはり声が上がるのは「動物虐待だ!!」というものです。

~まとめ~
記事を書いている中で自然と反対派な内容を書いてしまいました。
というか、書かずにはいられない感じですね
もちろんこういった現状に賛成的は考えの方だっていることでしょう。
自分のペットは自分のものだ! そう言われれば返す言葉がありません。
でもペットは命ある尊い存在です
おもちゃやぬいぐるみとは違うのです。
健康は体に無意味にメスを入れる行為ができるはずがありません
私は絶対ぜったいゼッタイに反対です

皆さんはどうお考えですか??












【海外発】愛犬のロットワイラーが飼い主の命を救う!

3月に海外で起きたニュースなので、すでに知っている方も多いかと思います。
個人的にとても良い話しだったので記事にしてみます。

出来事を簡単に説明したいと思います。
イギリス在住の男性(30代)がある日、血圧の急上昇により具合が悪くなりました。自力で救急車を要請したまでは
良かったのですが、玄関の鍵を開ける前に意識を失ってしまいました。
yjimageTNBCYPGU

救急車が到着しましたが、当然玄関は開きません。それどころか中では大型のロットワイラーが興奮気味に跳ね回っていたということ。
家の中に踏み込むこともできず困っている隊員のもとに隣人がドアノブを下げるように声をかけてきました。
すると、内側の鍵が開錠されており隊員は男性を無事搬送できたということです。

一体何が起こったのか・・・。
実は男性が愛犬のロットワイラーにドア鍵を開錠する芸を教え込んでおり、それをその場で実践したのです
男性はロットワイラーを含め3頭の犬と生活しているのですが、倒れた飼い主を心配し救急隊が到着するまでの間、顔を舐め続けていたそうです。
yjimage75AM8QHL
きっと鍵を開けたのも、偶然ではなく飼い主の異常を察知しての行動だったのではないでしょうか?
男性は現在は無事に回復したとのことですが、退院した際はピッタリ寄り添い離れなかったそうです。
犬は異常事態の察知能力に優れていると思うので、本当に飼い主を想っての行動にしか思えません

ロットワイラーは体重50kg近くにもなります。
家族に忠実で、家族を守ろうとする意識が強い分外敵には勇敢に立ち向かう頼もしい存在です。
警察犬や護衛犬としても多く活躍しているのだそうです。

世間的にロットワイラーはピットブルなどに並び危険な犬種と言われているみたいです。
実際ロットワイラーによる死亡事故も起きているのも事実です。

そういう犬種だからこそ、今回のようなニュースは良いですよね
男性はメディアのインタビューに「ロットワイラーに良い印象を抱いていない人が多いですが、彼女は心優しき大型犬そのものです」と答えています。

事故を起こす犬がしつけが悪かっただけなのかは分かりません。その場の状況一つで犬の感情に火がつく場合も考えられるでしょう。
ただ、犬種による偏見で安心や危険という決めつけはしたくないと思っています。
日本でも秋田犬による死亡事故もつい最近ありましたし・・・。

最後になりますが、うちのちゃろは自分が倒れたら助けてくれるのだろうか???
な~んてちょっと考えてしまいました
いや!ちゃろならやってくれるはずです!!そんな互いの信頼感こそ必要ですもんね

皆さんは愛犬との信頼関係築けていますか?
応援をぜひぜひm(__)m


プロフィール
柴犬の女の子☆壮瞥からはるばるやって来たちゃろ❤️臆病だけど好奇心旺盛なお転婆娘です。
パワーストーン
今日占い 昨日カウンター
BIRTHDAY
ギャラリー
  • やっぱり必要!?野菜酵素と乳酸菌
  • やっぱり必要!?野菜酵素と乳酸菌
  • やっぱり必要!?野菜酵素と乳酸菌
  • やっぱり必要!?野菜酵素と乳酸菌
  • ドッサリ積もった雪に大喜び♪
  • ドッサリ積もった雪に大喜び♪
  • ドッサリ積もった雪に大喜び♪
  • ドッサリ積もった雪に大喜び♪
  • ドッサリ積もった雪に大喜び♪
リンクリックブログランキング
  • ライブドアブログ