なんともロマンティックなタイトルにしてしまいました(^^;)
そんなこと言われなくても知っとるわい!という方もいらっしゃると思います。
家に愛犬という存在がいるということは飼い主家族にとってそりゃ~幸せそのものですよね
85yjimage
それでは、幸せという感情は当然としてその感情の背景にはどんなメリットがあるのでしょう?
それでは勉強していきましょう\(^o^)/

幸せホルモン『オキシトシン』
愛犬と一緒に過ごすと何とも言えない安心感というか温かい気持ちになりませんか?
これはオキシトシンというホルモンの分泌が関係しているそうです

このホルモンは本来、女性特有のホルモンとも言われていたそうですが、
犬との触れ合いによって男性でも分泌されることが判明しているとのことでした
例えば散歩でよその犬を撫でさせてもらう時でさえも、自然と笑顔になりますね!
その瞬間、オキシトシンがバンバン分泌されているんですね~
つまり、優しい気持ちで愛犬と毎日触れ合う我々は幸せホルモンいっぱいの生活が送れているわけです
無題

オキシトシンの効果とは?
幸せホルモンが分泌されることは分かりました。
ではでは、オキシトシンが分泌されることが人間にとってどんな効果があるのでしょうか?

一言で表現すると、癒し効果があります。
ストレスの軽減、リラックスした気持ちを与えてくれるのです
セラピードッグなどもありますし、その癒し効果は医療・福祉の世界でも注目されているということですね

メリットは他にもたくさん
幸せホルモン分泌の話しはここまでにしまして、他のメリットについて考えてみます。
・散歩が必要なので自然と飼い主の運動習慣になる!
・近所で飼い主同士が友達になれる(飼い主の社交性アップ)
・愛犬だけは何があっても自分の味方でいてくれる!
・子供がいる家庭にとっては子供も責任感を持って犬に接することになるので教育的にも良い!

まぁざっと上げてみましたが、本当にメリットは多いと感じます
デメリットはというと・・・、う~ん・・・ないです(笑)
愛犬との運命とも言える素晴らしい出会いにデメリットなんてあるはずがありません

まとめ
上記のように、愛犬は幸せをたくさん我々に与えてくれます。
逆に言えば、それ以上愛犬に我々が幸せを与えなければいけないということなのです
犬と生活することは簡単なことではありませんし、実際手放す飼い主もいます。
不幸な人生を送ることを強いられた犬が世の中にはたくさんいます

一人の人間がたくさんの犬を救うことは容易ではありませんが、
せめて自分の愛犬は世界一幸せにしてあげたいものですね
今回の記事がこれから犬を飼いたいと考えている方々の後押しになれば幸いに思いますm(__)m